J:COMの固定電話について元社員が徹底解説!おすすめプランはこれだ!

J:COM PHOINEのおすすめプランと概要

J:COM PHONE(固定電話)について

ジェイコムは、ケーブルTVやネットと共に同じ設備で固定電話のサービスも提供しています。

「固定電話」というだけでだいたいのサービス内容は分かるかと思いますが、オプションや特徴など分かりづらい部分もあるのでこのページで詳細を解説していきます。

まずはジェイコムの固定電話の仕組みから見ていきましょう。

J:COM PHONEの仕組み

ジェイコムの固定電話は、TVと同じ同軸ケーブルで回線へと繋がっています。下の画像が分かりやすくした仕組み図です。

ジェイコム電話の仕組み図

TV端子口からEMTAという固定電話専用のモデムに同軸ケーブルで繋ぎ、さらにそこからLANケーブルで電話機本体と接続します。

ちなみにケーブルTVやネットと同時に利用する場合は、分配器をTV端子口とEMTAの間につけて、TV用とNET用と電話用のケーブルに分けて繋ぐことができるのです。

そしてこのジェイコムの固定電話ですが、特定の業者で発番された番号は除きますが、NTTなどで発番された電話番号は基本的に引き継ぐことができます

番号が変わってしまうと改めて周知するのに手間がかかってしまうため、こちらは1つのメリットと言うことができるでしょう。

それでは、ジェイコムの固定電話にはその他にどのようなメリットとデメリットがあるのか見ていきましょう。

J:COM PHONEのメリットとデメリット/h2>

ジェイコムが提供する固定電話サービスのメリットとデメリットを解説していきます。

まずはメリットから見ていきましょう。

J:COM PHONEのメリット

メリット
  • 基本料金が安い
  • 通話料金が安い
  • 特定の電話への通話が24時間無料
  • au携帯電話・auおうち電話への通話がおトク
  • 本人もしくは同居のご家族のauケータイからの通話が無料
  • 多彩なオプションサービス
  • WEBで契約内容の確認ができる

それぞれ詳細を解説していきます。

基本料金・通話料が安い

まず、基本料金について。分かりやすいようにNTT東西の固定電話の料金と比較して見てみましょう。

基本料比較表

NTT東日本・西日本

(住宅用・3級局・プッシュ回線用)

J:COM PHONE プラス
1,700円(税抜)/月 1,330円(税抜)/月

見てわかる通りですが、単純に毎月370円の差があります。年間通すと4,440円の差があるので決して小さい差ではありません。また、NTTの基本料金は1,600円の場合もありますが、その場合でも毎月270円の差があります。

料金が安くなるというのは、完全にメリットと言えるでしょう。次に、通話料金について見ていきましょう。

通話料金が安い。

ジェイコムの固定電話は、通話料金もお得です。こちらも分かりやすいように表にしてみました。

平日昼間

(AM8:00〜PM:7:00)

NTT東日本/西日本

加入電話

J:COM PHONE プラス

(全時間帯一律)

市内/3分 8.5円(税抜) 8円(税抜)
県内市外/3分

(20km超〜60km)

15円(税抜)
県外/3分

(100km超)

40円(税抜) 15円(税抜)
国際通話/1分

(例:アメリカ本土へ)

30円(免税) 9円(免税)

いかがでしょうか。県外通話にに至っては約62%、アメリカ本土への国際通話に関しては約70%もお得になります。

また、ジェイコムの通話料金は上記の表の料金で一律であり、時間帯によって変化もないので分かりやすいのもメリットと言えるでしょう。

さらに、お得なだけではなく、J:COMの固定電話は、無料で通話ができる場合もあるのでそちらも解説していきます。

特定の電話への通話が24時間無料

ジェイコムの固定電話は、J:COM PHONE、J:COM PHONE プラスとケーブルプラス電話への電話が24時間いつでも無料です。

J:COM PHONE、J:COM PHONE プラスとケーブルプラス電話を利用しているお家は全国で620万世帯あるので、かなりのお家に通話無料で電話をすることができるのです。

そして、無料になるのは固定電話だけではありません。

au携帯電話・auおうち電話への通話がおトク

J:COM PHONE プラスとauケータイ両サービスをご利用なら、J:COM PHONE プラスから全国のauケータイとauおうち電話への通話が無料になります。

auおうち電話の種類としては、J:COM PHONE プラス、ケーブルプラス電話、auひかり電話サービス、auひかりちゅら電話サービス、コミュファ光電話、au one net、ホームプラス電話などがあり、かなりの世帯数で利用されています。

auを使っていると更にメリットがあるのです。

本人もしくは同居のご家族のauケータイからの通話が無料

auの携帯電話を使っていると本人、もしくは同居のご家族のauケータイからお家への通話が無料になります。

自宅にいるご家族に用件を伝えたい時など無料で通話ができるのでこちらもメリットと言えるでしょう。

次にジェイコムの固定電話で利用することができるオプションサービスについて見ていきましょう。

多彩なオプションサービス

ジェイコムの固定電話では以下の7つのオプションサービスを利用することができます。

  • 発信番号表示(400円/月)・・・かけてきた相手の番号を電話機に表示させます。
  • 割込通話(300円/月)・・・通話中にかかってきた別の電話に応答できます。
  • 割込番号表示(100円/月)・・・通話中にかかってきた別の電話番号を表示します。
  • 番号通知リクエスト(200円/月)・・・番号非通知の発信者に番号通知でかけるよう自動対応します。
  • 着信転送(500円/月)・・・不在時の着信を、あらかじめ設定した電話番号に転送します。
  • 迷惑電話撃退(700円/月)・・・受けたくない相手からの電話を拒否できます。
  • auで着信確認(0円/月)・・・不在時やお話し中の着信をauスマホ/auケータイにお知らせします。
※料金は月額利用料、税抜きの価格です。

そしてこれらの中の、発信番号表示、割込通話、割込番号表示、番号通知リクエスト、着信転送の5つのオプションが月額500円で利用できる「オプションパック」も提供しています。

また、10分までの通話が何度でも無料、上記のオプションパックがついて月額970円(税抜)の「かけ放題パック」も提供しているので固定電話をよく利用する方にとってはメリットがあると言えるのではないでしょうか。

最後に、ジェイコムの固定電話の契約内容についてです。

WEBで契約内容の確認ができる

ジェイコムの固定電話の契約内容はWEB上で確認することができます。また、通話明細の照会やオプションサービスの設定なども同じWEB上で確認・変更することができるのです。

これらは、「My au」で見られるのでauの携帯電話をお使いの場合は、そちらの情報も同時に見ることができるのです。

続いてジェイコムの固定電話のデメリットを見ていきましょう。

J:COM PHONEのデメリット

ジェイコムの固定電話のデメリットは以下の2つです。

デメリット
  • 配置が難しい
  • 電話番号が引き継げない場合もある

どういうことなのか、以下で解説していきます。

配置が難しい

まず、配置が難しいという部分についてです。ジェイコムの固定電話のサービスは冒頭に記述した通り、TV端子口から線を繋ぎ回線に接続します。

短く配線してしまうとTVに近くなってしまい、音声が聞こえづらくなってしまうことがあるのです。

電話機とTVの距離を離すためにケーブル線を伸ばすことももちろんできますが、配線が見えてしまうのが嫌だと言うお声もあるのが実情です。

電話番号が引き継げないこともある

こちらも冒頭で記述した通りですが、特定の業者で発番された電話番号は引き継ぐことができません。具体的にはソフトバンクのひかり電話などです。

固定電話の番号が変わってしまうのは、改めて周知する手間が生じてしまうためデメリットと言えるでしょう。

ただ、NTTやKDDI発番であれば基本的に引き継ぎ可能なのでそこまでのデメリットではないかもしれません。

 

以上、ジェイコムの固定電話のメリットとデメリットでした。

最後にジェイコムの固定電話を使う場合のおすすめのプランを紹介していきます。

J:COM PHONEを使う場合のおすすめプラン

ジェイコムの固定電話を利用する場合についてですが、固定電話だけを利用したい場合は、安くなるプランというのは特にないので固定電話のみを申し込んでください。

ここでは、ケーブルTVと一緒に申し込む場合とネットと一緒に申し込む場合のおすすめプランを紹介していきます

↓の当てはまる項目をタップ、あるいはクリックして頂くとおすすめのプランが表示されます。

ケーブルTVとネットと一緒に申し込む場合
プラン名 最低月額利用料
スマートお得プラン 7,956円(税抜)/月〜
スマートお得セレクト 6,127円(税抜)/月〜

「ケーブルTV+ネット+固定電話」のセットで申し込む場合は上記の2つのプランのどちらかになります。2つの違いは、CS放送の映るチャンネル数の違いです。また、表中には最低利用料金を表示していますが、住宅タイプやネットの速さによって料金が変わるので、申し込む際にご確認とご家庭に合った速度で申し込むことをおすすめします。

ネットに関して詳しくはこちらのページをご覧ください。

ケーブルTVと一緒に申し込む場合
プラン名 月額利用料
スマートお得プランミニ+ 6,522円(税抜)/月
スマートお得プランミニ 5,522円(税抜)/月
スマートお得セレクト PHONE 3,380円(税抜)/月

ケーブルTVと電話を申し込むのであれば上記の3つのプランです。違いは、CS放送の映るチャンネル数です。こちらは、集合住宅と一戸建て共にこちらの料金であり、違いはありません。

ネットと一緒に申し込む場合
プラン名 最低月額利用料
NETパック120(集合住宅) 4,680円(税抜)/月
NETパック320 5,380円(税抜)/月(集合住宅)
5,875円(税抜)/月(一戸建て)
NETパック1G 6,375円(税抜)/月(一戸建て)

ネットと電話を一緒に申し込む場合は、NETパックと言うプランになります。料金はネットによって異なります。ちなみに4,680円と言うのは120Mbpsの料金であり、上に320Mbps、一戸建ての場合は1Gbpsの速さがあります。

以上がおすすめのプランです。

まとめ

今回はジェイコムの固定電話サービス、「J:COM PHONE プラス」について解説してきました。

ケーブルの設備で提供している分、特徴的です。そのためメリットとデメリットも孕んでいます。

ただ、通信の環境はまとめてしまうのがお得なのは基本なので、テレビやネットをJ:COMで考えているのであれば電話もまとめてしまうことをおすすめします。

今ならお得にJ:COMを始められます!!

ウェブ申込み限定のキャンペーンもあるので、公式サイトで確認してみてください!